こんなお悩みありませんか?

  • 入金まで時間がかかる…
  • 案件をもらっても入金まで期間が長くて資金繰りが不安で受注できない…。
  • それに融資は手間暇がかかる。
  • 提出書類の作成や申し込みにも時間がかかり、本業にも支障が出てしまう…。
  • 取引先の支払いが不安
  • 売掛金が未回収にならないか。
  • 支払いの遅延はないか。
  • 新規取引先の開拓が不安だ。




またファクタリングしたくても、

  • 開業して日が浅い
  • 銀行からの借り入れがある
  • 税金の滞納がある
  • 決算が赤字決算
  • 他のファクタリング会社から断られた

という不安や悩みがある人もいると思います。
そこで、
このような建設業界の悩みを解決してくれるのが「けんせつくん」です!

 

即日に対応!?「けんせつくん」とは?

建設業界専門のファクタリングサービス !
それが「けんせつくん」くんです。


 

けんせつくんの仕組み

お手元の「請求書(売掛金)」をけんせつくんが買取し、運転資金にご活用いただけるサービスです。他業界に比べ、長い入金までの期間を短縮し、即日現金化することが可能です。

けんせつくんのメリット

最短2時間で入金!?

審査開始から最短2時間でというスピード感ある対応をします。

 

簡単ウェブ申し込み!

PCやスマホがあれば全国どこでも対応可能!

 

少額でも個人事業主でもOK!

建設業界の方ならどなたでもOK!
業界経験者のスタッフが担当します!
手数料は業界最安水準の5%〜、お客様の負担を減らします!


 

 

建設業で資金調達にお悩みのすべての方へ「けんせつくん」

また金融機関や他のファクタリング会社で敬遠されがちな
個人事業主の方や少額からのお申込みでも、ご利用可能です。

 

かんたん3ステップで即日最短2時間で入金可能

ご利用までの流れ

お申込み

下記リンクをクリックで申込ができます。↓
建設業界専門のファクタリングのパイオニア【けんせつくん】
・税金等を滞納されていてもご利用頂けます!

 

審査

ご提供いただいた情報を元に、審査を行い買取可否を判定します。
判定が出次第、審査結果をご連絡いたします。

 

入金

ご契約完了後、すぐにご指定の銀行口座へ買取金額をご入金します。
※銀行営業時間外の場合、翌営業日となります。


 

 

ファクタリングとは?

 

ファクタリングは企業の資金調達手段の一つです。ビジネスにおける資金調達手段は数多くありますが、一般的には借り入れによる方法がとられることが多くなります。銀行や消費者金融などのノンバンクは、事業者向けに様々な商品を開発、販売しており、それぞれの商品ごとに利用できる属性や借入利率、その他条件などが設定されています。

 

これらは融資、あるいは借り入れなどと一般的に呼ばれることが多いですが、つまりは「借金」であり、その法的な性質は「金銭消費貸借契約」というものになります。一方、ファクタリングの法的な性質は借金とは全く異なるものです。ファクタリングは事業者間取引で生じた売掛債権を売却して現金化するものです。

 

日本国内の多くの事業者は掛け取引を行っていますが、掛け商売では商品やサービスを相手方に納入する際、その度に支払いの精算をせず、将来の支払い時期を定めてまとめて支払いを受けます。将来の支払期日までは支払いを受けられませんが、逆に言えば将来支払いを受けることができる権利「売掛債権」を保有することになります。

 

この売掛債権は財産的価値のある無形資産として、売買取引の対象になります。売掛債権をファクタリング業者に譲渡し、その買取金額をもって資金調達を可能にするのがファクタリングの手法です。

 

借り入れや融資では金利の負担が生じますが、ファクタリングは借金ではないため金利という概念がなく、その代わりに手数料の負担を伴います。ファクタリング業者はこの手数料利益を自社の儲けとしてサービス提供を行います。

 

ファクタリングはヤミ金ではない

 

資金調達と言えば融資がメインであることは確かですので、ファクタリングについて知らない人は「何やら怪しい手法」ではないかというイメージを持たれるかもしれません。しかし、ファクタリングはヤミ金のようなものではなく、もちろん違法なものでもありません。

 

現に銀行でもファクタリングを取り扱っていますし、金融庁でもファクタリングの正当性は否定していません。

 

(※金融庁ではファクタリングを装った業者にも注意を呼びかけています。)

 

「ファクタリング」とは、一般に、企業が取引先に対し有する売掛債権をファクタリング会社が買取り、買い取った債権の管理・回収を自ら行う金融業務をいいます。 このようなファクタリングの法定性質は、売買契約に基づく指名債権の譲渡であり、金銭の貸し借りではないので、貸金業の登録は必要ありません。

 

しかしながら、この「ファクタリング」とみせかけて、実際には、高金利で金銭を貸し付けている事例(具体的には、「ファクタリング」と称し、高額な手数料を差し引いて売掛債権の買取代金を支払う(貸し付ける)一方で、当該債権の管理・回収を自ら行わず、同債権の売り主をして売掛債権を回収させた後、回収した売掛金を原資として買取代金を返済させるもの)が発生しています。

 

参考:金融庁

 

売掛債権に財産的価値を見出し、売買取引の対象にするファクタリングは元々海外が発祥で、特にアメリカでは日常的に行われている取引です。日本国内では、一昔前までは認知度はあまり高くなく、少なくとも一般的とは言えない状況でした。

 

しかし、企業がビジネスにおいて資金を必要とするのは海外も日本も同じです。資金繰りの問題が全くない企業はめったにありませんし、特に中小の事業者は流動性の高い資金が急に必要となるシーンが多く、従来の借り入れによる方法では目の前の資金需要に対応できないことも少なくありません。

 

そこで、市場が徐々に迅速性に優れたファクタリングという資金調達法に着目し始めます。実際、日本の経済産業省も従来の融資では不動産による担保に過度に依存しており問題があるとして、売掛債権を利用した資金調達を促進する必要があるという認識を示しています。

 

売掛債権は活用しやすい流動資産としての機能を持ちますから、資金調達に活用できれば国内事業の活性化につながるということです。少し調べれば、違法性のあるものではないことが分かると思いますので、ぜひ時間をとってご自身でも調べてみることをお勧めします。

 

ファクタリングの仕組みと利用ポイント

 

ファクタリングは売掛債権をファクタリング業者に売却して資金を得るものですが、実際のロジックは少し複雑です。金券や貴金属を買取業者に売るようなイメージとは異なるので、ここで実際の取引の仕組みを確認していきます。

 

ファクタリングでは以下3種類の登場人物が関わります。

 

@売掛債権譲渡企業・・売掛債権を保有し、これを譲渡して現金化したい会社

 

A売掛先企業・・支払期日に売掛金を支払う義務を負う会社

 

Bファクタリング業者・・売掛金を買い取り、手数料利益を得る会社

 

上記@の会社が売掛債権をBの業者に譲渡するわけですが、ビジネス上の債権を売るということで問題になるのが信用面です。一般的に、日本国内では売掛債権を譲渡する=資金繰りに窮していると捉えられるため、@の会社はできれば売掛債権を譲渡することについて、他社に知られたくないという気持ちが働きます。

 

直接の取引先であるAの会社に知られてしまうと、もしかしたら今後の付き合いを敬遠されてしまうかもしれません。また噂が業界内に知られてしまうと、他方面で取引を敬遠される可能性が出てくるので、その影響が大きくなることも考えられます。

 

一方で、債権譲渡について取引先に知られても問題ないというケースもあります。そのため、ファクタリングでは2社間取引と3社間取引という二つの取引形態が用意されており、ケースによって使い分けができるようになっています。

 



 

 

「事業計画書の作り方」

情報は山のようにありますがその多くは税理士であったり、専門のコンサルタントであったりの情報です。

 

これらはもちろん素晴らしい情報です!

 

しかし資金調達の視点から見た実戦でのアプローチでの情報が少ないので、これまでの経験に基づいて「資金調達に成功する事業計画書」について書きたいと思います。

 

まず、独立や開業、もしくは法人の設立をするときに資金の集め方で一番大切な事は何でしょうか?

 

それは、始めようとする「事業の見える化」となります。

 

要は今はまだ存在しないあなたの事業を誰にでも理解できるように「見て」「わかる」ようにする事です。

 

決して難しい事ではないので気軽に受け止めて進めましょう。

 

独立や開業、もしくは法人の設立などを志しているならば、あなたの事業への思いは強く、事業に対するアイデアや情熱は人並み以上に強いのではないでしょうか。

 

しかし、そこにロジックがなければ情熱だけで人と金を集める事はできません。

 

持続可能な事業を生み出すこともできないでしょう。

 

なぜなら、あなたの始めようとする事業やサービスは世間に知られていません。

 

そのような状態ではあなたの事業に対して誰も未知数です。

 

そんなところに誰もお金を出してくれないのは分かっていただけると思います。

 

未知数の事業に対して資金を集めるという事はその事業を、その「内容」や「その形態」「あらゆる数値」などとにかく外へ向けて発信することが必要です。

 

これは資金の話だけで止まりません。

 

これから取引してくれる顧客や業者、また、一緒に働いてくれる人材など、あなたの事業に関わってくれるヒトやモノ全てに対して説明責任があるということです。

 

これらの事が、あなたの事業を説明する。つまり「事業の見える化」ということになります。

 

この「事業の見える化」ですが計画段階では当然、ただの計画です。

 

とはいえ、この計画ですらいい加減なものなら、あなたの事業を評価してくれる人はいないでしょう。

 

まずはきちんとしたロジックに基づいて計画を立てる事が必要です。

 

とはいえ、この計画を見せるのは百戦錬磨の金融機関であったり、取引先だったりするのです。

 

だからこそ、本書で、「お金を出したくなる事業計画の作り方」をご紹介していきたいと思います。

 

 

どうやってお金を集めるの?

 

資金調達のオキテ
これまでは「事業の見える化」を軸に資金調達のための前提として計画書の使い方や考え方などのついてお伝えしてきました。

 

今回からはいよいよその実践編ということで「資金の具体的な集め方」ということについて考えていきましょう。

 

資金調達とは、あなたの事業を開始するにあたって必要なお金を他人から、または自己資金だったりするものを事業に投入するということです。

 

これは住宅や車のローンのように、お金を集めたら家や車を買って、あとは自動的にお給料から返済していくだけです。

 

しかし、事業性ローンの場合は資金調達のためであって、あくまで目的ではなく手段の一つに過ぎません。

 

この資金をいかに有効に使って、自分自身の事業を成長させ、その資金を提供者に確実にリターンするというのが目的なのです。

 

資金調達に必要な4つのもの

 

事業計画

 

これは今までの記事で紹介してきた「事業計画書」「開業時資金計画書」「収支計画書」「資金繰計画書」の4つが該当します。

 

金融機関を中心に資金計画を考えている場合はこの資料が一番大切となりますので一番時間をかける資料となります。

 

プレゼン力

 

事業計画に関わる資料は全て書面ですから、それらを熱意を持って説明したり、疑問に答えしたりして、このビジネスは面白いとアピールできる能力が必要になります。

 

この計画書を士業や私たちのようなコンサルに丸投げにされる方がいらっしゃいますが、他人の言葉ではなかなか投資家には伝わらないでしょう。

 

職務経歴書

 

金融機関から融資を受けるのであれば、あなたの経験は問われることでしょう。

 

これから始める事業に対してあなたは実績を持っていませんから、せめて前職などにおける経験が新しい事業に活かせるかどうか、というところを指標とされるわけです。

 

一般的には最低でも3年以上同業種における経験を積み、スタートアップに至る敬意がないと、ポイントはかなり低いでしょう。

 

特に日本政策金融公庫から融資を受ける場合には基本的に6年以上の経験が必要とされています。

 

信用

 

これは単純に、あなたの過去の借入等の履歴状況は当然に影響します。

 

過去に自己破産しただとか過去に借金返済で事故を起こしてブラックリストに乗っているなんて場合には悪影響はかなりあるとみて間違い無いです。

 

法人だったら別人格として扱われるんじゃ無いの?なんてことはなく、法人が借り入れする場合は代表者が連帯保証人となる可能性が高いので、要はあなた自身の信用力によって決まるということです。

 

とはいえ、上記の4つの条件が満たされれば基本的に融資は実行されます。

 



更新履歴